カテゴリ:治郎右衛門 jukebox( 9 )

2013年 11月 30日
13.11.30 何故かDays of Wine and Roses ~♪♪(笑)




今朝の市川は1.5℃・・・

今年一番の冷え込みでした・・・




今朝、江戸川からLIVE投稿しようとしたら画像がup出来ず・・・(涙)

人生ブログも朝っぱらから立ち往生~!

家からPCでもおなじ状況・・・

エキブロさん、たのんまっせ!(苦笑)





今日は趣を変えて、治郎右衛門jukebox~♪

小生お気に入りのジュリーロンドン・・・


              


やっぱ彼女の歌には癒される治郎右衛門ですw







ちゃんちゃん !!

by jiroemon0310 | 2013-11-30 13:08 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 09月 04日
完全休養日 ~ ♪♪



今日は早朝から雨で・・・すぐに引き返しなんやらこんな時間になってしまいました・・・困ったものです(-_-;)

4:50 47㎜
e0240573_13545193.jpg

一昨日の雨で靴が乾かずもう一つの靴を濡らすわけにはいきません(笑)



今日は誠に勝手ながら完全休養日とさせて戴くことになりました・・・。


                 



                 

それでは皆さんまた明日~♪♪





ちゃんちゃん !!

by jiroemon0310 | 2012-09-04 14:08 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 02月 01日
12.02.01 小さなスズメ “Piaf ”




本日より2月、、、今日は約10日振りの治郎右衛門jukeboxより・・・。

シャンソン界の大御所、言わずと知れた Edith Piaf をお届けいたします。

詳しくはウィキペでも見て戴いて・・・。

彼女の代表曲“愛の賛歌”です。

                  


この愛の賛歌はピアフの作詞、大恋愛相手のボクサー、マルセル・セルダンに捧げられた情熱的な曲で、彼は、1949年飛行機事故で亡くなっています。

彼女は(1915.12.19~1963.10.11)数多き男と浮名を流し、最後はアルコールと麻薬中毒で47才の生涯を閉じたシャンソン界最高の歌手。

とにかく艶っぽく物憂げで、突き放したような歌声は生き様をそのまま映し出され、とても特徴のあるピアフです。



これもピアフの代表曲 La vie en rose です。

この“バラ色の人生”も彼女自身の作詞で、イブ・モンタンとの別れを決意したときに作られたとされる曲です。


                  



人生とは?・・・波瀾万丈の情熱的生涯 エディット・ピアフでした。。。

by jiroemon0310 | 2012-02-01 05:40 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 01月 19日
12.01.19 バラ色の人生 !!




今日は“ La vie en rose ”をお届けしたいと思います。。。

治郎右衛門jukebox “はなまる”のお気に入りです(^_-)

20世紀を代表するjazzmusicianでサッチモの愛称で親しまれている

Louis Armstrong(1901.08.04~1971.07.06) から。。。




                  



人生とは?・・・“ La vie en rose ”といきたいものです。。。

by jiroemon0310 | 2012-01-19 15:00 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 01月 18日
12.01.18 Billie Holiday !!


今日は女性 jazz singer の大御所でお気に入りのBillie Holiday(1915.04.07~1959.07.17)をお届けしたいと思います。

44才の若さで他界した彼女は壮絶な人生を歩み、その魂が乗り移った声で観客を魅了し

彼女の全霊を注ぎ込んだ歌はとても魅力的で治郎右衛門も虜となりました。

彼女の人生についてはウィキペでも見て戴いて…。


我がjukeboxの一番のお気に入りの“That Ole Devil Called Love”です。

                


次は、今ではスタンダードナンバーとなってしまった"Solitude"です。

                

アルコールと麻薬と男との44年間、壮絶な人生の幕を閉じたBillie Holidayでした。。。

by jiroemon0310 | 2012-01-18 10:33 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 01月 16日
12.01.16 Bud Powell Trio ♪Cleopatra's Dream !!


今日の一曲はバド・パウエル(1924.09.27~1966.07.31)のとても軽快なピアノトリオの演奏“クレオパトラの夢”をお届け致します。

どこかで聴かれた事のあるこのピアノの旋律はバド自身の作曲で治郎右衛門jukeboxでも二重丸の楽曲です。

               

                   


彼は40年代後半から50年代初期にかけ音楽面の最盛期を向えるが、50年代中期以降麻薬やアルコールなどの中毒に苦しみ精神障害を負う。

しかしながら不調期の録音においても、呻き声を発しながら鬼気迫る演奏で、これをパウエルの個性として評価する声が多い。

アメリカでのジャズ不況でフランスに渡り活動を続けるもすでに体はボロボロで、1966年にアメリカに帰国後死去、42才の若さであった。。。

by jiroemon0310 | 2012-01-16 06:29 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 01月 07日
12.01.07 お気に入り !!



10才前後の幼少時、米ポップスが大好きでいつもラジオでビルボード&キャッシュボックスのチャートを聞いて

その都度ランクインした曲をでたらめな歌詞で、まねをして歌っていたように覚えています。

その時、とてもお気に入りの曲は“ワンボーイ”“内気なジョニ-”“ボビーに首ったけ”です。

1960~1962頃にビッグ・ヒットし、子供心に憧れのお姉さん歌手に“ぞっこん”“首ったけ”の治郎右衛門少年でした。



ジョニーソマーズの“ワンボーイ”です。

                  

これもジョニーソマーズの“内気なジヨニー”です。(すこ~し、雑音があります…忝い)

                  

次は、マーシーブレーンが歌う“ボビーに首ったけ”です。

                  

どの曲もそりゃあ、とてもとても懐かしく治郎右衛門お気に入りのjukeboxにDRされております(年寄^^)。

曲が流れると昨日の事のように、あの時の治郎右衛門少年の気持ちに戻れます(涙、、、、)。

by jiroemon0310 | 2012-01-07 07:00 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2012年 01月 05日
12.01.05 Johnny Angel !!



子供の頃(小学3~4年頃?)兄姉とTVを目を輝かせ、胸をときめかせて見ていた番組がありました。

アメリカのホームドラマ『うちのママは世界一』…。

1958年から1966年の間アメリカABCから放送され、ストーリーは小児科医一家ストーンズ家を巡るドラマで

長女役を演じて人気を集めたのがシェリー・フェブレーです。(惚れやすい愚生は子供心でもぞっこんでした←アホです)


このドラマの中でシェリー・フェブレー演じるメアリーがママ(ドナ・ストーン)とパパ(アレックス・ストーン)が

心配そうに見守る中で『ジョニーエンジェル』を歌います。

                 

いや~、とても懐かしい動画ですが、画像も音もいまいちで…。


この曲、ジョニーエンジェルは70年代にカーペンターズがカバーして再び愚生のお気に入りにエントリーとなりました。

                 

日本では、竹内まりやが2003年にカバーをして、あまりにも有名に…。


その70年代、カーペンターズの曲をバックにドライブでお世話になった愛車カリーナHT号です。(1974.06新車登録)
e0240573_946256.jpg

さて、となりのお二人さんは?(ヤバイ、ばれたら首絞められるぅww、、、)

この車は愚生33才まで10年間、大切な足として二人+αをあちこちに乗せて行ってくれました。


今でもパートナーの大物釣り師に“ぞっこん”の治郎右衛門です。

あと何年“人生とは?”を続けられるかかは神様にしかわかりません^^^

“ブログタイトル”までゆっくり、のんびりとやって行ければいいかなぁと…。。。

by jiroemon0310 | 2012-01-05 12:00 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback
2011年 12月 25日
11.12.25 首ったけ !!



少し前にギャオ映画でVフォー・ヴェンデッタという映画を見ました。

ストーリー他はウィキペでも見て戴いて…。


イヴィーハモンドを演じているナタリー・ポートマン、あのレオンで主役のジャンレノ以上にとても印象に残った端正な顔立ちの子役(当時)でした。

映画の一場面でイヴィーがjukeboxに近づき“この曲がとても好きなのと…”

               

小生も Cry Me A River が、大ぃお気に入りの一曲で治郎右衛門jukeboxに3回も重複DRしています。

jury London (1926.09.26~2000.10.18)はこの大ヒット曲で一躍人気歌手となり、スタンダードナンバーも数多く歌っています。

Cry Me A River
Fly Me to the Moon
You'd Be So Nice To Come Home To
I remember you
I've got you under my skin
The days of wine and rose
Theme from a summer

どの曲でも今は亡き彼女のあのしみいるハスキーヴォイスに“首ったけ”の治郎右衛門でした。

by jiroemon0310 | 2011-12-25 08:00 | 治郎右衛門 jukebox | Trackback